地震に強い家は地盤が大事

私は40代半ばのサラリーマンです。家族は妻と小学生の長男、そして幼稚園児の長女の四人家族です。長女が生まれる際に、それまで住んでいたアパートがかなり手狭になったこともあり、一戸建ての住宅を購入することに決めました。購入するにあたっては、分譲の住宅にすることを当初考えていたのですが、実家の両親が引っ越して、ちょうど実家の土地が空いたこともあって、実家の家を取り壊し、そこに注文住宅を建てることにしました。注文住宅を建てるに際して、最もこだわったというか、気にしたのは、地震に強い家にしたいことでした。ちょうど、数年前に東北の大震災が起きたばかりだったので、地震に強い家であることは、私たちにとって、最低限満たさなければならない条件でした。ただし、各ハウスメーカーをまわっても、各社地震に強い構造をアピールするばかりで、正直なところ違いが分かりませんでした。そんな中、とあるメーカーのみ、実家の土地の地盤が少々弱いと、地盤改良を提案してきました。予算にそんなにゆとりがないことは各社に伝えていた中で、あえて地盤改良を提案してきたそのメーカーに信頼感を感じ、結局のところ、そのメーカーと契約し、建ててもらいました。

津で漆喰を使った家づくりなら