マイホームは「パッケージ」でも選べます

マイホームを注文住宅で、というと「高級すぎる」「一般庶民には手が出ないよ」といった印象が多くの方におありかもしれません。しかし現在ではハウスメーカーはある程度簡易な、パッケージ的商品を品揃えして、顧客に提案する形が一般的です。これですと文字通り設計や資材調達、業者選択など何から何まで一からつくる場合と比べれば、価格も比較的割安でイメージもしやすく、初めての方でも検討しやすいかと思います。
私の場合も工務店の営業担当者と何度も打ち合わせをし、モデルハウスなどを見ながらプランを固めました。パッケージ商品ですので全体的なデザインなどはある程度固定されています。例えば「外壁に曲面は採用できない」「ドアやサッシは2種類から選ぶ」といった具合です。
しかし間取りや外壁色、窓の場所や形状、照明、収納などはかなり自由に決定・配置することができます。もちろんクロスのデザインなど内装も好みで選べます。
設計の際には「容積率」「北側斜線」といった法令上の制約が多少ありますが、メーカー側の1級建築士と相談しながら決めますので、こうした点に知識のない素人でも心配はいりません。
もちろん予算との兼ね合いにはなりますが、メーカー側にどんどん遠慮なく自由に意見を言い、自分こだわりの家づくりを目指す作業は楽しいものです。逆に建築士側から「プロとしてここだけは譲れない」と気づかなかった部分で提案を受けることもあります。マイホーム購入を検討される方は「敷居が高い」と思わずに、一度ハウスメーカーや工務店もおたずねになってはいかがでしょうか。

松阪市で新築一戸建ての注文住宅を建てるなら